今では、女性の方でもマンション経営をされている方はたくさんいらっしゃいます。
私たちがANNX・NEOを設立した2011年は、マンション経営に取り組んでいるのは、ほとんど男性でした。
男性向けのマンション経営セミナーは多く開催されていましたが、女性のための、参加者を女性に限定したセミナーは限られていました。
そんな頃にマンション経営を始めた女性オーナー様のお話です。

斉田様……40代の会社員(当時)。海外でお仕事をした後、日本に戻ってきました。

女性を応援するためのマンション経営

きっかけは年金の不安

いろんな生き方を選べる時代。
女性も将来の不安を感じて自分で対策を立てる時代です。
そんな女性を応援しようと、ANNEX・NEOは参加者を女性限定にしたセミナーを開催していました。
そのセミナーに参加されていた斉田さん。
当時、ずっと海外でお仕事をされていてましたが、仕事の関係で帰国。
日本での年金不安から、マンション経営セミナーに参加したそうです。

海外の不動産事情

色々とお話ししてみると、斉田さんが住んでいた国は、建物は年数が経っても値上がりして、家賃も上がるとのこと。
そのため借りてる方としては辛いので、ローンを組んでも家賃と同じ金額の支払いなら購入も検討できるのでは? と思ったそうです。
しかし、いざ自分の家を買うとなるとすごくこだわりが出てしまい、結局買えないまま帰国することになったそうです。

マンションオーナーになって

そんな斉田さん、マンション経営セミナーの参加後に、東京23区内のワンルームマンションを購入していただきました。
さらにその後、ご自宅まで購入されました。
不動産の購入には人それぞれタイミングがあると言われますが、本当にそうだなと思います。

不労所得を得ましたが…

それでも夢を捨てきれず

ワンルームマンション購入により家賃収入での不労所得を確保してご自宅も都心に構え、目標を達成したかのように見えた斉田さん。
なんと! どうしても海外で仕事がしたい! と昔からの夢を捨てきれず、ご自宅も賃貸に出して夢に向かって日本を飛び出していきました。

もうかれこれ10年以上のお付き合いになりますので、帰国された際にはお茶をご一緒していろいろなお話しを聞かせてもらいます。
海外に行かれる前は悩まれていた時期もありました。
しかし夢を実現された今では、とても素敵な顔をされていました。
ここ何年かはコロナ禍で帰国できないため、先日、オンラインでお話ししましたが、相変わらず楽しそうでした。

女性を応援するマンション経営

マンション経営で不労所得を確保できたのがきっかけだったのかは分かりません。
ご縁ができ、少しでも斉田さんの将来設計のお手伝いが出来たかな、と思うと大変うれしく思います。
好きなことに向かって行動できる斉田さん、本当に尊敬しています!