マンション経営を始めると気になること。
人気のある部屋はどんな部屋なのか、長く住んでもらえるのか。
賃貸物件への入居希望者は、お部屋探しで優先したい条件があります。

住みたい物件の条件いろいろ

最初に決めるお部屋の条件

一番に優先されているのは、希望のエリアや家賃などを含めた予算です。
その次に駅からの距離や設備仕様を選ぶことになります。
希望のエリアに予算内で、欲しい設備が整っている物件がない場合は、多少エリアを広げたりすることもあるでしょう。
毎日生活を送り、何より一番自分が落ち着ける場所なのですから、それくらい住居の設備は重要になります。
それでは、現在入居者に人気の設備仕様とは、いったいどんなものなのでしょうか?

みんなが選んでいる設備仕様

住宅情報サイトSUUMOの調査によると、1人暮らしの単身者が希望する設備や仕様の上位3点は、バス・トイレ別、エアコン、クローゼットでした。

付いていて当たり前・付いていない家は借りないと思う設備・仕様

※出典:「一人暮らしのシングルに聞いた 賃貸住宅設備ランキング 2021」(株式会社リクルート・SUUMO)

ほとんどの方は、浴室とトイレが別室であることを希望しています。
30年以上前のワンルームマンションにあった、3点式ユニットバスは今では不人気となっています。

バス・トイレ別

3点ユニットバス

エアコン、フローリング、クローゼットについては、いずれも上位を占めています。
ほとんどの人が、欲しい条件であることが分かります。
また近年では、入居者の防犯に対する意識が非常に高くなりました。
部屋は2階以上で、エントランスにはオートロック完備など、重要なポイントとなっています。

新しい働き方に対応

コロナ禍での不要不急の外出・移動自粛の要請により、オンライン授業や在宅ワークが増加しました。
そのため賃貸住宅で需要が増えたのが、インターネット無料接続の設備です。
分譲タイプマンションの場合、ほぼ全ての物件が施工時にインターネット回線を引き込んでいます。
以前は、入居者個人で契約して利用していましたが、開通までの手続きが手間のかかるものでした。
近年では、インターネット回線を管理組合で建物一括契約しています。
各部屋の入居者にインターネット回線の使用料の負担がなく、手軽にインターネットを利用できる物件が増えてきています。
このような設備は、2020年からの「不要不急の外出の自粛要請」の影響で、特に需要が伸びた設備の一つと言えます。

マンション経営も時代に合わせて

どんな商品でも、時代のニーズをいち早く取り入れ対応していくことは、とても重要なことです。
マンション経営では、メンテナンス以外にはあまり手を入れないと思われがちですが、日々変化する入居者ニーズに対応するために、最新設備への更新や導入をしています。
その時代に合わせることで、入居者の確保や長期安定収入につながっていきます。