マンション投資は他人資本が使える唯一の投資方法です

物件の担保力で融資を受けることができます

不動産担保評価=信用力、銀行が不動産に融資。担保評価基準は築年数、立地、広さなど

他人資本で自分の資産を作ることができます

頭金=自己資本(100万円)、借入=他人資本(1,500万円)。返済は『家賃』で

不動産投資は、経験、知識がなくても、銀行は『不動産の担保力=信用力』に対して融資をします。つまり、担保評価が高いということはそれだけ、物件の信用力が高いということです。さらに、借入をしてもその返済は家賃=他人 がしてくれるので、他人資本で、自分の資産が作れます。