マンション(不動産)は相続税対策に有効的です。

相続税は、現金や有価証券に関しては、時価金額に対して課税されます。しかしマンション(不動産)の場合は評価金額に対して課税されます。

その評価額は、土地の公示価格の60~80%、建物は評価額の50~60%が課税対象となります。

さらに、建物を人に貸している場合、評価額の30%の控除が受けられます。

現金と比べると、約1/3の課税評価額になり税金が軽減され、マンション資産と毎月の家賃収入を残すことができます。

相続税対策のイメージ