安心・安全のマンション経営をスタートしても肝心の入居者が見つからなければ家賃収入を得ることが出来ません。

つまり入居者に選ばれる物件でなければ、空室リスクが発生してしまうということです。

では「入居者が付きやすい物件」とはどのような物件なのでしょうか?

それは誰もが借りたくなる、住みたくなるような、魅力ある物件を選ぶこと。

魅力ある物件とは、立地が良く、設備が充実した物件のことです。

入居者に選ばれる物件

住宅を借りる際のポイント

住宅借りる際のポイント

入居者の部屋選びの決め手になっているのは、家賃です。続いて交通の利便性や周辺・生活環境の良さが重視されています。

需要が見込める東京都

入居者の希望条件を満たしている物件を所有しても、借りる人がいなければマンション投資は成り立ちません。

総務省統計局発表の住民基本台帳人口移動報告によると、東京都が突出して人口が増え続けています。

つまり、需要が見込める東京都に物件を持つことが空室リスク回避に繋がります。

都道府県別転入・転出超過数 (2018年、2019年)

都道府県別転入・転出超過数 (2018年、2019年)イメージ

総務省統計局「住民基本台帳人口移動報告」より